冷房病を克服しよう!
冷房病っていやですよね。今はどこへ行っても冷房が効いています。自分ではなかなか調節できないこともありますが、ちょっとした工夫で冷房病を乗り切ることができます。頭痛や肩こり、体のだるさや胃腸障害、冷房病になると辛いですよね。風邪でもないのに体が重いし、仕事や勉強にも支障をきたします。ひどくなると慢性化して一年中引きずってしまうことさえあります。きちんとした対策をすることで冷房病は防ぐことができます。このサイトでは冷房病の予防法を紹介していますので、ぜひ冷房病から解放されてくださいね。
Top 冷房病の予防法 ; > 冷房病、7つの予防法

冷房病、7つの予防法

冷房病を予防するには、いくつか注意することがあります。
その注意点を7つにまとめて紹介します。


@寝る時の注意
寝るときは、冷房の設定温度を28℃くらいに設定して、2時間を目安にタイマーをかけましょう。
扇風機を体に直接当たらないように回し冷気を拡散させると、暑く感じず体に優しく快眠できます。

A冷房を体に直接当てない
冷房の冷気を直接体に当てると、体が冷え過ぎてしまい冷房病になりやすくなります。
直接当たらないように風の向きを調節しましょう。

Bお腹を冷やさない
お腹を冷やすと、体全体の冷え症状が出やすくなります。
冷房の効いた部屋では丈の短いシャツや股上の浅いズボンを避け、場合によっては腹巻きなどでお腹を冷やさないようにしましょう。
また、冷たい飲み物やアイスを摂りすぎないように気をつけましょうね。

C適度な運動
適度な運動は、体の循環を良くします。
体の循環が良くなるということは体が冷えにくくなるということです。
簡単な体操でもいいですから、一日一回は体を動かすようにしましょう。

D湯船につかる
暑い夏では、シャワーで済ましてしまう方が多くいます。
冷房で冷えた体には、シャワーだけでは十分ではありません。
できれば、夏でもきちんと湯船に浸かるようにしましょう。

E素足を避ける
素足は思いのほか冷えることがあります。
冷気は下にさがりますので、顔や頭が暑いと感じていても足元から冷えてくることがよくあります。
素足は避け、冷房の効いた部屋では靴下を履き、場合によってはスリッパも履くといいでしょう。

F甘いもの、タバコをやめる
白砂糖は体を冷やす作用があり、しかも血液をドロドロにして血液の流れを悪くします。
タバコは末梢血管を収縮させますので、手足の冷えのもとになります。
どちらも体の循環を悪くするので、できるだけやめるようにしましょう。


以上、7つの予防法を紹介しましたが、これ以外は何をしてもいいというわけではありません。^^;
体を冷やすようなこと、循環の悪くなるようなことに気をつけ、規則正しい生活を心がけてくださいね。
片頭痛の原因と対策 末端冷え性克服 肩こり解消法 足ツボマッサージの効果的なやり方 スキンケアで肌美人
 
Copyright (C) 2008 冷房病の予防法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。