冷房病を克服しよう!
冷房病っていやですよね。今はどこへ行っても冷房が効いています。自分ではなかなか調節できないこともありますが、ちょっとした工夫で冷房病を乗り切ることができます。頭痛や肩こり、体のだるさや胃腸障害、冷房病になると辛いですよね。風邪でもないのに体が重いし、仕事や勉強にも支障をきたします。ひどくなると慢性化して一年中引きずってしまうことさえあります。きちんとした対策をすることで冷房病は防ぐことができます。このサイトでは冷房病の予防法を紹介していますので、ぜひ冷房病から解放されてくださいね。
Top 冷房病の予防法 ; > 旬の食べ物を上手に摂りましょう!

旬の食べ物を上手に摂りましょう!

体の健康を保つには、旬の食べ物を食べることが良いとされています。

旬の食べ物には、その季節季節に必要な栄養素を含んでいます。
自然の力ってすごいですね。^^
自分の住んでいる土地の、その土地で取れた旬の食材を使うということは、自然に体に必要なものが補給されるということになります。


冷房病は、自律神経に異常をきたし体の調子が崩れる病気です。
体を元気に保てれば、病気にはかかりにくくなります。

もちろん冷房病は生活環境の問題で起こりますから、食べ物だけを気をつければよいというものではありません。
しかし、旬の食材を摂り毎日を健康に過ごせれば、そうでない場合に比べ病気に罹りにくくなるはずです。
上手に旬の食材を取り入れた食事を心がけるようにしてくださいね。


ただし、冷房病の場合はあまり体を冷やす食べ物を摂りすぎてはいけません。
夏は体を冷やす食材が多くなりますから、注意が必要になります。

冷房病の場合、体を冷やす食材をそのまま食べてはいけません。
体を温める食材と一緒に摂ったり、熱を加えて調理をするなどして、体を冷やす効果を中和させて摂るようにしましょう。
上手に工夫して旬の食材の栄養素を取るようにしてくださいね。


ここで、体を冷やす食材と温める食材を載せておきますので、参考にしてください。

●体を冷やす食材
スイカ、キウイ、きゅうり、ゴーヤ、トマト、柿、セロリ、レタス、豆腐、そば、牛乳など

●体を温める食材
桃、あんず、さくらんぼ、栗、くるみ、にんじん、カボチャ、ゆず、しょうが、玉ねぎ、にんにく、もち米など


旬の食材を摂ることは、体を健康に保つ基本になります。
しかし、冷房病のように体の状況によっては工夫が必要な場合があります。
上手に旬の食材を取り入れて、健康で元気な毎日を過ごせるよう気を付けてくださいね。^^
片頭痛の原因と対策 末端冷え性克服 肩こり解消法 足ツボマッサージの効果的なやり方 スキンケアで肌美人
 
Copyright (C) 2008 冷房病の予防法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。