冷房病を克服しよう!
冷房病っていやですよね。今はどこへ行っても冷房が効いています。自分ではなかなか調節できないこともありますが、ちょっとした工夫で冷房病を乗り切ることができます。頭痛や肩こり、体のだるさや胃腸障害、冷房病になると辛いですよね。風邪でもないのに体が重いし、仕事や勉強にも支障をきたします。ひどくなると慢性化して一年中引きずってしまうことさえあります。きちんとした対策をすることで冷房病は防ぐことができます。このサイトでは冷房病の予防法を紹介していますので、ぜひ冷房病から解放されてくださいね。
Top 冷房病の予防法 ; > 冷房病は旬の食材に注意

冷房病は旬の食材に注意

冷房病に旬の食べ物は注意が必要です!

「え!なんで?」って声が聞こえてきそうですね。^^;

普通、健康のためには、旬の食材をとることは体にとって一番いいと思いますよね。
そうなんです。
確かに、自分の住んでいる土地の、その土地で取れた食材を旬の時期に食べるということは、体の健康のために一番いいとされています。

自然の力は偉大で、その時期その時期、人間の体にとって必要なものを恵んでくれます。
それは、その土地の自然環境の中、体がその自然環境に適応することを補助する作用があるからです。

どういうことかというと、夏であれば暑さに負けないよう体を冷やす食材とかですね。


「じゃ、何でダメなの?」って思いますよね。

本来は「夏の暑さを旬の食べ物で乗り切る!」っていう感じだったんですが、
冷房で体が冷えてしまっている人にとっては、冷えた体をさらに冷やしてしまうという結果になってしまうんですね。

そうなると、冷房病をさらにひどくしてしまう危険性が出てきてしまいます。
だから、注意が必要ということなんです。


とはいえ、夏ですから体を冷やす食材や夏に必要になってくる食材、つまり旬の食材も摂りたいですよね。
というか、旬の食材が体に与える影響は体を冷やすということだけではありません。
他にも体にとって必要な栄養素が含まれますので、旬の食材は取った方がいいんです!

って、なんだか矛盾してますね。^^;


なにが言いたいかというと、冷房で冷えた体に“体を冷やさずに旬の食材を取る”ようにして欲しいということです。

「じゃ、どうすればいいの?」ってことになりますが、
体を冷やす食材を摂る時は、体を温める作用のある食材と一緒に摂るということです。
あるいは、火を入れたりして調理するとかですね。
つまり、体を冷やさないような工夫をして、体に必要な栄養素を取り入れるように注意しましょう!
ということです。^^

ちょっと回りくどかったかもしれませんが、冷房病の予防には大切なことなので注意してくださいね。
片頭痛の原因と対策 末端冷え性克服 肩こり解消法 足ツボマッサージの効果的なやり方 スキンケアで肌美人
 
Copyright (C) 2008 冷房病の予防法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。