冷房病を克服しよう!
冷房病っていやですよね。今はどこへ行っても冷房が効いています。自分ではなかなか調節できないこともありますが、ちょっとした工夫で冷房病を乗り切ることができます。頭痛や肩こり、体のだるさや胃腸障害、冷房病になると辛いですよね。風邪でもないのに体が重いし、仕事や勉強にも支障をきたします。ひどくなると慢性化して一年中引きずってしまうことさえあります。きちんとした対策をすることで冷房病は防ぐことができます。このサイトでは冷房病の予防法を紹介していますので、ぜひ冷房病から解放されてくださいね。
Top 冷房病の症状 ; > 冷房病の慢性化

冷房病の慢性化

冷房病は体が冷えることで起こります。
冷房病の症状として、ダイレクトに体が冷えるだけで出る症状は、体を冷やさないようにすれば比較的早く治ります。

しかし、症状がひどい場合は慢性化して秋や冬まで冷房病で苦しむことなになることもあります。

ここでは、どうしたら冷房病が慢性化してしまうのか、慢性化するとどうなるのか、そして慢性化しないためにはどうしたらいいのか、ということについてみていきます。


冷房病が慢性化するのは、単に冷えだけの問題ではありません。

では、何で慢性化するのか?
それは、自律神経に異常をきたすからです。
夏の暑い季節になると、熱い外と冷えた部屋、この温度差が大きくなります。

暑いところと涼しいところ、ここを行ったり来たりすることが多くなると思います。
そうすると、体の温度を調節している自律神経が対応しきれなくなってしまうのです。

自律神経が対応できるは、5℃以内といわれています。
でも実際には、いくら設定温度を28℃にしても、外が35℃を超える猛暑日では、7℃も差が出てしまいます。
といっても室温が30℃じゃ、ちょっと暑いですもんね。

冷房病で悩まされる人が増えてくるわけですよね。


冷房病が慢性化すると、風邪をひきやすくなったり、慢性疲労症候群になったり、いろいろ不都合が出てきます。
地球の温暖化により、しょうがない部分はありますが、できれば冷房病が慢性化することは避けたいですよね。

自律神経は、不随意神経と言って自分の意思に関係なく働く神経です。
ですから、いくら「働け〜!」といっても言うことを聞いてくれません。
自律神経の働きが発揮できるように、温度調節や服装の工夫などをすることで冷房病を慢性化しない様に気をつけていきましょう。

冷房病の慢性化は、日頃の過ごし方でかなり予防できますので、十分注意して過ごしてくださいね。
片頭痛の原因と対策 末端冷え性克服 肩こり解消法 足ツボマッサージの効果的なやり方 スキンケアで肌美人
 
Copyright (C) 2008 冷房病の予防法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。