冷房病を克服しよう!
冷房病っていやですよね。今はどこへ行っても冷房が効いています。自分ではなかなか調節できないこともありますが、ちょっとした工夫で冷房病を乗り切ることができます。頭痛や肩こり、体のだるさや胃腸障害、冷房病になると辛いですよね。風邪でもないのに体が重いし、仕事や勉強にも支障をきたします。ひどくなると慢性化して一年中引きずってしまうことさえあります。きちんとした対策をすることで冷房病は防ぐことができます。このサイトでは冷房病の予防法を紹介していますので、ぜひ冷房病から解放されてくださいね。
Top 冷房病の原因 ; > 会社の冷房

会社の冷房

冷房がきき過ぎた部屋で仕事をしなくてはいけない、という環境で仕事をしている人はつらいですよね。
冷房病にかかりやすい環境として、会社の冷房があります。

会社の冷房の設定温度は、一般的には低めにしたあるところが多いようです。
というのも、男性の会社での服装は背広出ないといけない会社がほとんどだからです。

下着の上にワイシャツ、そしてネクタイを締めて上着を着るのですから熱いわけです。
最近ではクールビズなんて言葉がありますが、実際にはそうもいかないところが多いようです。


そんな背広の男性に合わせた会社の中ですから、必然的に設定温度は低くなります。
それに加え、女性の方はオシャレに気を使い、薄着の方が多いように思います。

ただでさえ冷えに弱い女性が薄着なのですから、冷房病にかかりやすいわけですよね。
しかも最近の流行りなのか、ローライズのズボン、そして丈の短いシャツを着ている方が多く、しかも素足だったりすれば冷えるのは当然です。


女性の方はオシャレに敏感ですから、「おばさんクサイものは着れない!」なんて言われそうですが、今は意外とオシャレなストッキングや腹巻きなんかもあります。
5本指のストッキングがあることにはびっくりしました。^^;

見えないところで1枚多く着るとか、腰巻をしたり、会社にいる時だけは靴下やズボンに着替えるとかするといいと思います。


女性の場合、もともと体の構造が冷えやすくなってます。
若い人は、あまり気にしないかもしれませんが、自分で感じていなくても体は否応なく冷やされています。
体にはダメージが積み重なってきますので、ひどい場合には秋や冬になっても原因不明のだるさとして残ることもあります。

「ちょっと寒いけど大丈夫!だって若いから!」なんてことは思わず、しっかり冷房対策してくださいね。
片頭痛の原因と対策 末端冷え性克服 肩こり解消法 足ツボマッサージの効果的なやり方 スキンケアで肌美人
 
Copyright (C) 2008 冷房病の予防法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。